ユニテハウスの評判と特徴解説

グラスウールが入った家

ユニテハウスは山形県に本社がある株式会社クリエイト礼がフランチャイズチェーンを展開する時に使用している、注文住宅のブランド名です。県内では10年間に住宅着工数などの項目で1位を占めており、営業エリアを拡大しつつあります。ユニテハウスの特徴は建てる家の耐震性能の高さと断熱材の性能にあります。ユニハウスが使用している建築法は、地震に強いツーバイフォー工法です。地震による大きな揺れがあっても、床や壁、屋根が六面で支えるモノコック構造で家が設計されているため、外力に対して大変強くできています。このために口コミでは大変頑丈な住居で安心して生活が送れるとのよい評判があります。またユニテハウスが建てる家は本体価格が1,100万円から購入できる、ロースコスト住宅で造りが安く見えるとの評判もあります。しかしユニテハウスが採用している木造のツーバイフォー工法は、構造上では通常では高気密住宅を建設するために適していると言われています。そのため家には隙間がなく、家の中の温められた空気が外へ逃げることがないので、断熱性に優れていると言えます。またユニハウスが標準として使用している断熱材は、一般的なグラスウールです。しかしフランチャイズ加盟店の中では、発泡ウレタンを使用している場合もあるようです。それは地域と時期によって温暖な場所と寒冷な土地があるので、断熱材の種類や厚さにも異なりがあるためです。さらに住居の断熱性で重要と言える窓などの開口部では、高性能複層ガラスを使用している内側サッシを取り付けているので、通常のアルミサッシと単層ガラスの窓と比べるとより高い断熱性があると期待されています。さらにユニテハウスには、オプションでスマートユニテZEH50をつけることができます。それはツーバイフォー工法における施工が2×4から2×6へ変更されることで壁の内側が広くなるためで、より厚い断熱材を使用することができます。また窓外側にガラスウールの他に付加断熱材を入れることで、住宅の断熱性を高めます。さらにガラスも標準のダブルガラスから熱貫流率が44%も上がるトリプルガラスを使用することで、熱を外にほとんど逃すことがない構造になります。スマートユニテZEH50はユニテハウスが独自で開発した規格で、業界最高水準の断熱性を持つ3つの素材を使用することで住宅の断熱性能を上げる技術で、ユニテハウスが売り出している住宅は若い世代の方にはシンプルな造りだがローコストで高性能を持つ家として人気があるようです。

ただし良い面だけでなくユニテハウスを選ぶ前には必ずデメリットも理解した上で検討しましょう。